ホーム民間企業向けリース・金融リース 業務 パッケージ Lease PKG

リース 業務 パッケージ Lease PKG

リース 業務 パッケージ・システムの特徴

リース業界では「会計制度の変更」・「J-SOXをはじめとする法令対応」・「さまざまな新サービスへの対応」など急激な変化に見舞われています。また数年後にはIFRS(国際会計基準)への対応を迫られます。
当社では先般の会計制度改正時の経験を踏まえて、今後のリースシステム展開のあり方を検討し、「リース会社向けのより信頼性の高い共有システム、リース業務のパッケージ構築・展開を図る」の結論に至りました。

汎用性の高いリース会社向けパッケージ

リース会社の業務を幅広く網羅し導入が容易なリースシステムです。
当社の業務処理ノウハウを集約した汎用的なリースパッケージとして提供します。
コアとなる会計機能を共通化することで、品質保証と導入までの開発効率を向上させました。

税制・会計制度変更等への迅速・確実な対応

国際会計基準などへの迅速且つ確実な対応をお約束します。
機能改定は年度毎にお客様の声を反映させた改定計画を作成し開発・提供します。
パッケージ改定はコンサルと協力し制度情報の収集を行い信頼性の高いシステムをご提供します。

安全性の高いリースシステム運用

リース業務パッケージは、J-SOX基準、FISC安全対策基準を意識した運用体制。
安全性・信頼性の高いデータセンターを利用した運用サービス。

組み合わせ自由の高い汎用性のリースパッケージ

小規模リースシステムから大規模リースシステムまで対応

リース会社向けにパッケージ化されたメニューを自由に組み合わることで、地銀系リース会社などの大規模システムから、民間系の小規模なリースシステムまで幅広く対応することが可能です。

カスタマイズ お客様のご要望による固有機能をアドオンできます。
ユーザーインターフェイス(画面・帳票) 使いやすく、汎用的な画面・帳票を用意しています。
リースフレームワーク(業務) リース会社の業務を幅広くカバーし、理想的な業務手続をシステム化しました。
リースフレームワーク(会計) 会計処理を中心とした機能の共通化を図り、品質の確保と運用負荷の軽減を実現しました。
開発基盤 OS やDB の変化に柔軟に対応します。

リースシステム 構成図

リースシステム構成図

機能

顧客情報管理

企業グループ・与信など顧客関連の情報を統合管理します。
顧客向けサービス機能を集約します。

統合システム基盤管理

共通マスタ、独立したシステムを管理します。
ワークフローにより業務手続のルート・承認を管理します。

営業支援

商談から契約に至る過程の管理 
訪問履歴、引き合い案件を管理し、受注見込を把握する

契約管理

契約(債権、債務)の管理を行います。
物件管理については契約管理とは独立した登録が可能です。
サービスによらない共通管理とサービスごとの管理を分離します。

支払管理

契約単位の個別支払を基本としますが、自動車メンテナンス料、動産総合保険料等、件数の多いものについては、特別処理を考慮し、契約管理以外のシステム連携が可能です。

請求回収管理

請求データの状態(請求書の発行有無、口振状態、手形状態等)を管理します。
契約管理以外のシステムとの連携が可能です。

財務会計

営業取引の自動仕訳を発生させます。
仕訳データは外部の会計システムの連携を前提とします。

統計情報 (DataWareHouse)

2次利用を前提とした情報系データベースを構築します。(月次サマリー)

リース フレームワーク

「リースフレームワーク(会計)」の構築では品質確保に重点を置き「検証コードの実装」・「データの整合チェック機能の実装」などさまざまな取り組みを行っています。「リースフレームワーク(会計)」の機能的な妥当性を検証するため最大手のコンサルティングファームであるアクセンチュア様にシステムの評価を委託しました。結果は「リースパッケージとしてのシステムコンセプト、リースフレームワーク(会計)の機能については、大手リース会社、アクセンチュアモデルとの対比においても遜色なく、十分な機能を有している」と評価されました。

オートリース 対応

オートリース 専用機能

リース業務パッケージは、オートリースに対応したシステムとしてもご利用いただけます。リース業務の基本機能にオートリース専用機能を用意しました。情報の多いオートリースの初期登録を車種データベースなどにより入力をサポートするなど、経費・自動車税等の支払い、車検管理などオートリースに必要な機能を提供します。

  • 車種データベースとの連携による入力サポート
  • 車検管理表
  • 任意保険満期管理
  • 自動車税支払管理
  • メンテナンス料支払管理

導入の流れ

要求分析

業務分析

パッケージ導入を前提に現行システム・業務の流れを分析しパッケージへの適用方法を検討します。
⇒現行システム機能一覧を作成します。

要求定義

お客様からの、システム要求事項を聞き取り開発プロセスを定義します。
⇒開発計画書を作成します。

要件確認

フィット&ギャップ分析

要望するシステムのあるべき姿が、パッケージ・ソフトの標準的機能でどれだけ実現出来ているのか(フィット)、どこが実現出来ていないのか(ギャップ)を明らかにします。
⇒フィット&ギャップ分析報告書を作成します。

要件定義

業務分析・フィット&ギャップ分析の結果を受け,今後の業務遂行のために必要となる固有のシステム機能・構築のポイントを確定します。
⇒要件定義書を作成します。

システム導入

パッケージ機能導入

パッケージに合わせ、組織・業務を検討し導入後の業務プロセスを明確にし、導入に必要なパラメータや各種マスタの設定を行います。

カスタマイズ機能導入

要件定義されたカスタマイズ機能について、基本設計・開発・システムテスト等の一連の開発作業を実施し、検証作業を行います。

データ移行

移行方針を確定し、現行システムからデータを移行します。必要に応じてデータの補足や追加入力を行います。
データ移行後、現行システムと残高の突合を行い検証作業を行います。

システムテスト

導入作業の完了を受け、システム全体のテストを行い、要件に適合したシステムが出来上がったことを確認します。

教育・運用テスト

稼働に向けシステムの教育を行います。並行テスト等により新システムでの業務遂行が可能か検証します。

運用の概要

リースシステム運用の概要図

データセンター

可用性の高いインフラ設備

電源設備、空調などシステム運用に必要なインフラ設備が、全て整っています。お客様には新たな設備の負荷がかかりません。

業務の変化に柔軟に対応できる設備

各種大量印刷機器類などお客様の業務の変化に応じて柔軟な対応が可能な設備が整備されています。

運用負荷

システムの運用は、専任のオペレーターが担当します。お客様による運用に比較して、大幅な運用負荷の軽減が図れます。

セキュリティ

お客様の大切なシステムをお預かりするデータセンターとして、入退室管理を初めとした高いセキュリティ管理を実施しています(ISMS取得済み)

構成機器類

センター側機器

データベースサーバー[必須]

基幹業務のデータベースを管理します。
業務の重要度に応じてFTサーバーやクラスタリングなどの可用性の向上が期待できる機器が必要となります。

アプリケーションサーバー[必須]

お客様側のクライアントに代わって、実際のリースシステムが稼動するサーバーです。
クライアント数によって必要なスペック、台数などが変わります。

アクティブディレクトリサーバー[必須]

ネットワーク上にあるクライアントに対してネットワークへの接続可否を制御するサーバーです。
冗長化のご要望に応じて台数が変わります。

プリントサーバー[必須]

システムより出力するプリントイメージを生成するサーバーです。
全てのプリントイメージはPDF形式での取得が可能です。

ドキュメントサーバー[任意]

ファイル共有に利用するサーバーです。
グループウェアやワークフローなどとの併用も可能です。

バックアップ機器[必須]

バックアップ方法などにより、導入する機器が変わります。

各種ネットワーク機器[必須]

導入されるネットワークに応じて必要な機器が変わります。

センター側ソフトウェア

データベース[必須]

Oracle DB

アプリケーションサーバー[必須]

Citrix XenApp

お客様側機器

アクティブディレクトリサーバー[任意]

ネットワーク上にあるクライアントに対してネットワークへの接続可否を制御するサーバーです。
冗長化のご要望に応じて台数が変わります。

クライアント[必須]

センター側で処理したリース業務の結果を表示するクライアントです。

各種プリンタ[必須]

お客様の業務負荷に応じて台数やスペックが変わります。

各種ネットワーク機器[必須]

お客様が導入するネットワークに応じて必要な機器が変わります。

民間企業向け

データセンター・サービスの紹介はこちら
製品・サービスのお問い合わせは、こちらからお願いします。