ホーム民間企業向け医療福祉電子カルテシステム

電子カルテシステム

電子カルテシステム HOPE EGMAIN-LX

電子カルテシステム「HOPE EGMAIN-LX」は、堅実なシステム導入を必要とする病院のために、数多くの病院で培ってきたノウハウをベースに豊富な機能を搭載しました。

診療情報のさらなる共有を推進し、地域一体となった医療を実現するためのICT化を強力にサポートします。

特長・メリット

高機能の追求

  • 統合型電子カルテ
  • ナレッジセット
  • 業務のポータル
  • 看護支援機能
  • ヒストリカルビュー(オプション)
  • マルチカルテビューア(オプション)

使いやすさの追求

  • やさしいユーザーインターフェース
  • 同時入力・同時参照機能
  • マルチモニター対応

導入しやすさの追求(メンテナンス性)

  • 軽負荷で高い安定稼働を実現
  • 簡単なマスタメンテナンス
  • 安心・確実な情報セキュリティ

機能一覧

基本アプリケーション

サーバ基本システム

電子カルテツール

看護支援ツール

看護管理、経過表、看護カルテ

基本オーダツール

処方オーダ、検体検査オーダ、移動・食事オーダ、予約オーダ、病名オーダ、指示簿指示オーダ、会計オーダ

各種専用オーダツール

放射線オーダ、病理検査オーダ、リハビリオーダ、透析オーダ、生理検査オーダ、内視鏡検査オーダ、指導料オーダ、細菌検査オーダ、注射オーダ、処置オーダ、手術オーダ、輸血オーダ、麻酔オーダ

オプションアプリケーション

  • 統合部門ツール(手術)
  • 統合部門ツール(リハビリ)
  • 統合部門ツール(透析)
  • 統合部門ツール(輸血)
  • 診療計画オプション(オーダリング)
  • 診療計画オプション(電子カルテ)
  • DPCツール
  • DPC管理オプション
  • 外注検査連携オプション
  • 持参薬管理オプション
  • 複数医療機関管理オプション
  • チーム医療オプション
  • ヒストリカルビューオプション
  • マルチカルテビューアオプション
  • 生体検査オプション
  • PDAオプション

拡張性

  • オーダリングから電子カルテ、看護支援システムまで段階的に導入ができ、効率的なシステム投資が行えます。
  • DPC対応ツールやチーム医療、クリティカルパス等の多彩なオプション機能や必要に応じて選べる豊富な部門ツール、外部機器との連携インターフェースなどをご用意し導入業務に応じており、拡張が行えます。
  • 地域連携システム「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」と連携し他の医療機関とネットワーク経由で診療情報の共有も可能です。


詳細は、富士通ホームページ「電子カルテシステム HOPE EGMAIN-LX」をご覧下さい。

電子カルテシステム「HOPE EGMAIN-LX」

民間企業向け

データセンター・サービスの紹介はこちら
製品・サービスのお問い合わせは、こちらからお願いします。