ホームIR情報個人投資家の皆様へ電算の取り組み

電算の取り組み

印刷をする

電算の事業である情報サービス分野は、お客様の仕事の中枢を担うものです。電算は、お客様にとって真に役立つサービスを長期的に提供することができる「頼りになる企業」を目指しております。

事業の取り組み

データセンター ~クラウドサービス~

増加する標的型攻撃から重要な情報を守るためのセキュリティ対策、サーバ等の設置やそれらの運用・メンテナンス作業を支援するため、データセンターを活用した様々なクラウドサービスを提供しております。
また、今後は異業種との新たな協業や海外企業との連携強化で、新たなクラウドサービス創出を目指してまいります。

データセンター

 

データセンター ~ファイル無害化ソリューション~

エンカレッジ・テクノロジ株式会社と協業し提供を開始したファイル無害化ソリューション「ESS FileGate」は、分離されたネットワーク間において安全かつ簡単なファイル交換ができることに加え、受け渡しや承認の履歴も管理することができます。そのため地方公共団体はもちろん、今後は、リスクの分断が求められる病院や金融機関等への導入も期待されます。

 

新サービス・新商品 ~SmartKMS~

多岐にわたる組織の情報資産を効率的に一元管理するためのナレッジマネジメントシステム「SmartKMS」を提供しております。高速かつ柔軟性のある検索方式、評価やコメント機能により、情報の付加価値を向上させ、業務の効率化に貢献します。
今後は、検索エンジン・分析ツール・AI(人工知能)等の技術研究を進めることで、ビッグデータを使ったサービスに取り組んでまいります。

ナレッジマネジメントシステム SmartKMS

 

新サービス・新商品 ~子育て・生活応援アプリ~

住民のライフイベントに関する情報を、住民のライフステージに合わせて提供する子育て・生活応援アプリを提供しています。
スマートフォンやタブレット端末から、市区町村が配信する情報や、利用者の健康管理の記録・施設マップなどの情報を取得することができます。
スマートフォンユーザが増える中、子育て世代をサポートするためツールとして期待されます。

子育て・生活応援アプリ

 

産業分野 ~医療機器管理システム~

臨床工学技士との共同開発による、医療機器管理システムMAViNCloud盟敏蔵人を提供しています。
病院に数多く存在する医療機器の所在やメンテナンス情報の管理を行い、臨床工学技士の業務を支援するクラウド型の医療機器管理システムで、災害時には、病院間の情報共有も可能です。

MAViNCloud盟敏蔵人

 

産業分野 ~リース業務パッケージ~

国際会計基準に対応したリース業務パッケージを提供しています。
当社データセンターに設置されたサーバの業務システムをインターネット経由で利用することで、専用の設備やソフトウェアを購入する必要がなく、データのバックアップ、機器のメンテナンス、ソフトウェアのバージョンアップなどのシステム保守作業が不要になります。
大手地銀系リース企業各社様にご採用いただいており、今後も会計制度や内部統制の変化に対応してまいります。

リース業務パッケージ

リース業界に特化し、豊富な専門知識で信頼されるシステムを提供

リース業界に特化し、豊富な専門知識で信頼されるシステムを提供

TMRシステムズ子会社化

2016年7月に、株式会社ティー・エム・アール・システムズの全株式を取得・子会社化しました。
この会社が保有する医療分野における商品群、ノウハウ、顧客網、開発実績等は、当社が事業展開の重要戦略ターゲットとする産業分野、特に医療分野での取引基盤増強に繋がります。
特に、不妊治療マーケットにおける戦略商品であるIVF(不妊治療)管理システムは、競合他社が少なく、また導入済みの病院・クリニックもごく一部です。今後は、需要がさらに高まり、マーケットの拡大が予想されるため、早い段階でシェアを獲得し、事業の拡大を図ってまいります。

株式会社ティー・エム・アール・システムズ

 

研究開発

当社では、赤外線センサーを使った新サービスの提供に向けた準備を進めており、マイコンボードに測距センサーやGPS等を取り付けたバスの乗降調査システムのプロトタイプを作成し、実証実験を行いました。
マイコンボード上の各種センサーが発するデータをビッグデータとしてクラウド上に蓄積、分析することで、バスの運行計画改善などに役立てることができます。
また、このプロトタイプは、在室管理など医療福祉関連の見守りサービスにも応用できるよう設計されており、新たなサービスの創出につながります。

※マイコンボード:名刺大の一枚のボード上にマイクロコンピュータや入出力装置を配したハードウェア

研究開発体制はこちら

 

サポートサービス

サポートサービス地方公共団体のお客様向けには、専任部隊による運用保守サービスに加え、新任者研修会や定期的な各種研修会を開催し、きめ細かなサポートを行っております。また、ユーザ会やパートナー会を開催し、お客様の声を直接お聞きし、システムの改善につなげております。

CSR活動への取り組み

CSR活動への取り組み

2020年より小学校でのプログラミング教育が必修化されます。
電算では、CSR活動の一環として、コンピュータセキュリティ技術を学ぶ「SECCONビギナーズ」の開催、地元小学校でのPepperを利用した出前授業、学校の先生向けプログラミング教育・ICTセミナーの開催(長野県教育委員会、一般財団法人みんなのコードとの共催)など、次世代の技術者育成に貢献しています。
今後も、プログラミングの楽しさを体験してもらう活動を通じて、子どもたちの未来の可能性を大きく広げるためのお手伝いをする取り組みを進めてまいります。

情報セキュリティへの取り組み

情報セキュリティ体制

電算は、情報資産の保全及び情報化社会の健全な発展に寄与するため「情報セキュリティ方針」を、顧客から預託された個人情報を適切に取扱い保護するため「個人情報保護方針」を定め、全社横断的な「PMS推進委員会」及び「ISMS委員会」を設置し、情報セキュリティ確保に取り組んでおります。
また、プライバシーマークの認証を取得し、データセンターにおいてはISO/IEC27001のISMSマネジメントシステムの認証を取得しております。

情報セキュリティ方針はこちら

環境への取り組み

環境への取り組み

電算は、地球環境の保全が人類共通の重要課題であることを認識し、2000年4月に環境ISOへの取り組みを開始いたしました。2001年にISO14001の認証を取得し、全社横断的な「EMS推進委員会」を設置し、環境に配慮した製品・サービスの開発や提供を行うとともに、省資源、省エネルギー、地球温暖化防止の推進に取り組んでおります。

環境方針はこちら