ホーム公共団体向けReams 保健福祉児童扶養手当システム

児童扶養手当システム

概要

児童扶養手当業務に関連する法令に基づいて設計された専用ソフトです。数多くの自治体向けシステムを構築してきたノウハウを生かし、大きな費用対効果を実現いたします。

毎日の新規認定登録から支払処理・通知書・証書・厚生労働省報告作成まで、児童扶養手当システムなら児童扶養手当業務を全てカバーいたします。

児童扶養手当システム 導入の流れ

機能

支払金額の自動算出

認定請求はもとより対象児童の増減人、資格喪失等による溯り支払金額再計算も自動処理可能です。

通知書、証書等の作成

法令上必要な、通知書、手当証書および実務管理上必要な帳票は、ほとんど出力されます。受給者台帳が画面でも参照可能です。

金融機関検索

金融機関および支店の統廃合による振込不能者を防止する対策として、金融機関コードによる対象受給者を抽出します。

銀行・郵便局振込随時払い

各支払期の支払はもとより、毎月発生する随時払い対象者についても支払いフロッピーを作成可能としています。

各種資料及び統計表作成

厚生労働省提出資料および内部管理資料の作成が可能です。

現況届作成

現況届にマスターの内容および提出時の添付資料等を出力します。(連絡用のラベル等も同時に出力)また、所得適否の審査結果をシステムで再チェックすることで事務の正確化を図っています。

システム構成

スタンドアロン型

パソコン1台、プリンター1台を基本構成とします。担当者、受給資格者が少ない場合に適します。

LAN型

パソコンおよびプリンター複数台を基本構成とします。担当者受給資格者が多い場合に適します。

WAN型

貴市区児童扶養手当担当部署に児童扶養手当システムサーバー、貴市区出先機関にクライアント端末、プリンターを設置していただきます。

  • 児童扶養手当システムサーバ:児童扶養手当マスターを保管します。
  • クライアント端末:オペレーションを行う端末です。
  • ページプリンタ:法定帳票などの出力を行います。

導入実績

6都県(全国受給者の30%を締める割合)において20年以上の開発・運用実績があります。
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、山梨県 他71市区

カスタマイズサービス

パッケージシステムの提供だけでなく、自治体様の特色に合わせたシステムの開発やシステムの運用支援サービスも行っています。

公共団体向け

データセンター・サービスの紹介はこちら
製品・サービスのお問い合わせは、こちらからお願いします。