研修制度

入社後、新入社員教育が実施されます。コンピュータの基礎知識から疑似システム開発まで、わかりやすく系統立てた内容です。

配属後の研修は入社年次、職種年次に応じた必須研修と自己啓発任意研修になりますが、それぞれの職種や業務内容などに対応する研修カリキュラムが用意され、年間計画のもとで実施されています。内容はたいへん充実したものです。

また、より高度な情報技術や専門知識の習得を目指して、外部教育機関による研修への派遣も行っています。例えば、情報処理技術者試験の合格者も多く、システム開発に携わる先輩のほとんどが有資格者です。資格取得のための支援制度もあり、より高度な資格取得を目指す先輩も多く見受けられます。

ただ、このような機会をどれだけ有効に活かすかは、本人の意欲や心がけにかかっていることも申し添えておきます。