職種紹介

最も多くの社員が携わっているのは、コンピュータのシステム開発を行う「システム技術」職です。「システム技術」職は、さらに、プログラマーやシステムエンジニア、システムコンサルタントなどに分かれています。

システム技術

プログラマー

電算の職種

コンピュータ・プログラミング言語を使って、実際に情報システムを構成する各プログラムを作っていくスタッフです。プログラミング言語は、コンピュータに処理の手順や内容などを指示していくための手続きです。コンピュータは本来、機械語と呼ばれる命令しか理解できないのですが、コンパイラというソフトを介することで、プログラミング言語を理解させることができます。

システムエンジニア

システムエンジニアの役割は、端的にいえば「設計」をすることです。お客様の多彩なご要望をシステムとして実現するために、全体の構成を考え、手順を決め、どのようなプログラムが必要かを設計していく仕事です。いわばシステム開発のまとめ役といえますが、進行スケジュールや工程についても管理し、スタッフがスムーズに開発していけるようまとめていくことも大切な役割です。

システムコンサルタント

システムコンサルタントは、お客様に対して、文字通りシステム全体のコンサルティングを企画、提案していくスタッフです。お客様の事業内容や経営方針に基づき、問題点や課題を見出し、分析や検討を通じて解決方法を立案し、提案していきます。

システム営業

システム営業 エンジニアリング

ほとんどの場合、私たちがお客様に提供する情報サービスは、営業スタッフの精力的な活動によって支えられています。電算が提供するサービスや商品を理解し、提案型セールスを展開しています。またお客様と開発スタッフとの接点となって、システム開発や導入、運用についての全体的なコーディネートをしていくという点でも重要な役割を担っています。

インストラクター

電算のシステム商品についてお客様に説明を行ったり、システム導入時の指導・教育を担当しているのが「インストラクター」職です。各商品についての深い理解と知識、そしてお客様にわかりやすくアドバイスできる指導力が期待されます。

研究

直接的な商品開発、お客様向けのシステム開発からは一歩引いた立場から、将来を見据えた情報技術などについて研究開発に取り組んでいきます。