ホーム採用情報先輩社員メッセージ北村裕介(2001年入社)

北村裕介(2001年入社)

自分を売り込み、信頼を勝ち取る、営業の醍醐味

写真私が所属する公共営業部は、当社で開発した地方公共団体向けの総合行政情報システム「Reams」を主力商品とし、長野県内を中心に全国のお客様に当社システムをご利用頂けるよう、日々提案活動をしています。またご利用頂いているお客様に対しては、直接訪問し、会社の窓口としてお客様とコミュニケーションを図る事も、営業として重要な仕事です。

入社当時はシステム開発に携わっていました。自分が開発したシステムが使われているのを見て、人の役に立つシステムの開発にやりがいを感じていましたが、新規の導入プロジェクトで社内外を通じ、多くの人と関わった事がきっかけで、もっと人と接する仕事をしたいという思いから、営業職へ異動しました。

営業は商品より、まず自分自身を売り込み、お客様に自分を認めてもらうことが原点です。そして、信頼してもらった上で商品を買って頂く事が営業の仕事です。営業は大変だと思われる方もいらっしゃると思いますが、自分が提案する内容でお客様に喜んでもらえた時、お客様からの信頼を得て必要とされていると感じた時に、営業ならではの醍醐味、達成感を味わう事ができます。

また営業部では大きな商談が決まった時に、部員全員で祝勝会を開いています。大変な仕事もありますが、喜びや苦労を共有できる仲間がいる職場は自分自身を成長させてくれますし、毎日が充実しています。

ひとこと

「今の仕事は、長野県内だけではなく、全国のお客様と出会える事が魅力です。その土地ならではの雰囲気を味わう事ができ、いつも新鮮な気持ちで仕事ができます。」