ホーム採用情報先輩社員メッセージ中島可那子(2010年入社)

中島可那子(2010年入社)

出産・育児を支援する制度で、仕事と子育てを両立

写真学生時代は文系でしたが、「ものづくり」の仕事がしたいと思い、SEを目指しました。
私の所属するビジネスソリューション1部では、民間企業のお客様に向けたシステムの開発や設計、運用、フォローなどを行っています。その中で、製造業様向けの生産管理システムの開発が、私の主な仕事です。開発というと、一人で黙々とプログラミングをしているイメージを持つかもしれませんが、品質の高い製品にするためには、プロジェクトメンバー間のコミュニケーションがとても大切なのです。
プロジェクトを組むと、毎日ミーティングを行い、進捗状況の確認や課題共有を行います。改善すべき点などは先輩後輩関わらず発言し、チーム全体で一つの製品を作り上げていきます。苦労しつつも完成した時の達成感はひとしおです。

また、当社は出産・育児を支援する制度が充実していることも、入社を決めた理由の一つです。1年間の育児休暇をはじめ、育児休暇後は、1日の所定労働時間を原則6時間とすることができる「時間短縮勤務制度」があります。現在、私の部署にも「時間短縮勤務制度」を利用しながら職場復帰している先輩が何人もいます。そして、なんといっても周りに理解のある人が多いと感じます。仕事と子育てを両立していく上で心強いですよね。
私も、このような制度を有効に活用しながら、お客様の立場に立って考えることを常に意識し、お客様に喜んでいただけるシステムを作り続けたいです。

ひとこと

「一緒に働いている人は皆、優しい人ばかりです。職場の雰囲気もよく、毎日楽しく仕事をしています。2013年に新社屋へ移転し、快適な環境で仕事ができるのも嬉しいです。」

※所属部署、部署名称は、掲載当時の内容です。