バックアップの仕組み

簡単バックアップ

DataStoreではシステム管理者が手動でデータをバックアップする必要はありません。一度の設定で継続的にデータをバックアップします。バックグラウンドで静かに動作するので、利用するユーザに意識させることなく、リアルタイムで常に最新の状態のバックアップを保証いたします。設定方法は、バックアップしたいファイルを選択し、クリックするだけの簡単設定です。

高速スピード設計

データの重複排除、ブロックレベルの差分分析、暗号化といった負荷の高い状況でも、軽快で高速に動作するように設計されています。

改ざん不能なバックアップ

データがディスクから読みこまれる際に、エンタープライズレベルの暗号化が施されます。

ノートパソコンにも最適

ノートパソコンのバックアップは、とても挑戦的な試みです。なぜなら、デスクトップパソコンやサーバと比べ、CPU、メモリ、そしてI/Oパフォーマンスは制限されており、かつネットワーク状態は多様に変化します。DataStoreは、こうした状況に対応するように設計されています。バックグラウンドで継続的に動作し、ノートパソコンを確実に保護します。

差分バックアップ

データの重複除外と圧縮により、必要とされるストレージ容量を大幅に減らします。ブロックレベルの差分転送により、CPU、ディスク容量、ネットワーク負荷を軽減します。

リアルタイムバックアップ

一番重要なデータとは、現在お客様が編集しているデータです。DataStoreはファイルの更新をリアルタイムに感知し、バックアップが常に最新の状態になるように動作します。




いつの時点でも復元可能

DataStoreでは、簡単にバックアップしたデータを復元できるよう設計されております。復元したいデータ、間違って消してしまったデータをすぐに復元でき、手間の軽減と生産性をアップします。また保存履歴は無制限の為、ファイルの種類に制限されることなく、いつの時点のファイルも復元できます。復元方法も簡単です。復元場所、日時、保存方法を設定変更し、復元ボタンをクリックするだけです。

確実な復元

自動保全機能によりバックアップしたデータは常に修復され、いつでも必要なときに取り出せます。またアーカイブ自己修復機能により、データ整合性の問題を自動的に解決します。もちろん、ファイル数とファイルサイズに制限はありませんので、すべてのファイルをバックアップできます。

どの時点のデータも復元

保存履歴は無制限の為、ファイルの種類に制限されることなく、いつの時点のファイルでも復元できます。

他のコンピュータから復元

同じアカウントで登録したコンピュータA、Bがあります。コンピュータA、B両方からバックアップしたデータの復元が可能です。その際OSが違っていても構いません。