ホームIR情報経営方針経営戦略

IR情報

経営戦略

これまで当社は、以下の強みと特性を生かし、成果を積み上げてきました。

  • 甲信越地域における公共向けICT企業としてのブランド力
  • 全国の提携パートナーと連携した営業力
  • 高いコストパフォーマンス力
  • お客様の要望に対し柔軟にカスタマイズできる対応力
  • 専門知識を要する公共分野の情報システムをサポートする力
  • 50年間の実績に裏付けされた信頼
  • 自社データセンターから展開する事業

今後も地方が生き残り、持続可能な成長を続けるためには社会的課題を解決するICTの力は不可欠であり、当社はそのソリューションを提供し続ける企業として存在する必要があると考えています。

お客様の期待に応え、既存事業をさらに強化するとともに、環境変化に対応した新製品開発や新技術への対応に積極的にチャレンジし、飛躍的な成長を目指します。

management-strategy.jpg

公共分野における当社の成長戦略

  • 山梨県、首都圏、中京圏等の重点エリアにおける新規ユーザ獲得
  • 提携パートナーとの提携強化
総合行政情報システムReamsをはじめとした製品の全国展開によるベース売上の底上げにより、安定的かつ強固な事業基盤を構築
地方公共団体を対象とする独立系情報サービス企業で全国トップレベルを目指す

産業分野における当社の成長戦略

  • リース業務パッケージ、販売管理システム等、自社開発のパッケージシステムの全国展開
  • 医療関連システムの新規顧客獲得と既存顧客のシステムリプレイスに合わせた積極的な提案活動の実施
  • 子会社の株式会社ティー・エム・アール・システムズとの連携による事業拡大
産業分野の拡大と収益性の向上

全社活動

  • 高度な技術スキル・ビジネススキル向上に向けた教育研修実施・資格取得支援
  • RPA(Robotic Process Automation) ※等の利活用による作業効率化
品質の高いサービスの提供
生産性の向上

※人間がコンピュータを操作して行う作業を、ソフトウェアによる自動的な操作によって代替すること。
 主にデスクワークにおけるパソコンを使った業務の自動化・省力化を行うもので、業務の効率化や低コスト化を進めることができる。


先頭に戻る