導入の流れ|AI外観検査システム Observe AI

導入の流れ

標準的な導入ステップは、アセスメント、実証実験、導入、運用の
4つのステップになります。

STEP 1

アセスメント

STEP 2

PoC (実証実験)

STEP 3

導入

STEP 4

運用

STEP1
アセスメント

お客様の検査における課題・ご要望をお聞きします。

お客様には検査対象の製品サンプルをご用意いただきます。

課題・ご要望について技術的な実現性、有効性を検証します。

実現の可能性が高いと判断した場合は、PoC(実証実験)に向けたご提案を行います。

  • アセスメント結果報告までの期間
    1か月程度
  • お客様にご用意いただくもの
    学習対象の製品画像または製品サンプル

STEP2
PoC(実証実験)

お客様の検査工程に撮影機材や治具※を設置し、実運用において性能検証を行います。

導入検証結果報告書にて検証結果をご報告します。

次の導入ステップに進むかどうかご判断をいただきます。

※治具の購入・設置費用に関しては、別途ご相談となります。

  • 実証実験結果報告までの期間
    2~3ヶ月程度
  • お客様にご用意いただくもの
    学習兼検査用PC
  • 弊社でご用意するもの
    照明、カメラ、
    AIモデルの作成

STEP3
導入

本稼働環境の構築支援とシステム利用者研修・技術支援を行います。

お客様のご要望に合わせた提供パッケージをご用意しています。

提供パッケージ

学習 兼 検査用PC 1台のオールインワン型パッケージと学習用サーバー1台と検査用PC(最大5台)に分かれたサーバー型パッケージの2つ構成からお選びいただけます。
導入期間 ~3ヶ月

オールインワン型
1検査工程での検査の自動化をご検討のお客様向け
クライアント 1台
(学習 兼 検査用PC)
ダッシュボード(管理基盤)
  • 検査フローの作成
  • AIの作成・学習
  • 検査結果の確認
コンソール(検査基盤)
  • 外観検査
  • 誤検知報告
推奨環境
CPU Core i9-9900k 以上
OS Windows 10 Pro (64ビット)
メモリ 32GB 以上
GPU Quadro RTX4000
SSD 1TB 以上
サーバー型
複数検査工程の検査の自動化をご検討のお客様向け
サーバー 1台
(学習用PC)
ダッシュボード(管理基盤)
  • 検査フローの作成
  • AIの作成・学習
  • 検査結果の確認
推奨環境(サーバー)
CPU Core i5 8500 以上
OS Windows 10 Pro 64bit
メモリ 32GB 以上
GPU Quadro RTX4000 以上
HDD 1TB 以上
クライアント 複数台(最大5台)
(検査用PC)
コンソール(検査基盤)
  • 外観検査
  • 誤検知報告
推奨環境(サーバー)
CPU Core i9 9900K 以上
OS Windows10 Pro 64bit
メモリ 32GB 以上
GPU GeForce GTX1660
SSD 512GB 以上
別途用意が必要なもの
(別途お見積り)

高い精度で検査を行うためには、お客様の製造ライン・検査対象物に合わせた最適なカメラ、照明を選定することが重要です。お客様の製造ライン・検査対象物(現物)を確認し、ご要望に応じて専門企業とカメラや照明の機器選定を行うトータルソリューションをご提供いたします。

STEP4
運用

お客様が安心してシステムをお使いいただけるよう、

お問合せ対応等、運用全般の支援を行います。


先頭に戻る