AI外観検査システム Observe AI

検査工程の現状

製造業の検査工程において、
課題やお悩みをお持ちではないでしょうか?

目視検査の現状

目視検査の現状

  • 検査精度にばらつきが生じている
  • 検査員が慢性的に不足している
  • 熟練技術者の減少により技術継承が困難になっている
従来の外観検査システムの現状

従来の外観検査システムの現状

  • 多品種少量生産に柔軟に対応できない
  • AI学習用の画像データが大量に必要となる
  • 対象製品ごとの複雑な検査設定が必要となる
Observe AIなら解決できます!
 
Observe AI

【 オブザーブ・アイ 】

産業用高精度カメラで撮影した画像をAIがリアルタイムに解析

製造ラインにおいて製品の外観検査と寸法計測を瞬時に行い、良品・不良品を高い精度で判定

多品種少量生産の製造業でも柔軟に運用が可能

もっと見る
 

特長

少量の良品画像でAI作成

最少で数十枚の良品画像データからAIの作成が可能

少量の良品画像でAI作成

直感的操作で検査可能

直感的な操作でAIと検査手順の新規作成が可能

少量の良品画像でAI作成

未知の欠陥を検出

AIが微細な異常や未知の欠陥を検出

未知の欠陥を検出

外観検査と寸法計測を瞬時に実行

複数のカメラで外観検査と寸法計測を瞬時に実行可能

外観検査と寸法計測を瞬時に実行
もっと見る
 

導入効果

検査精度向上

検査精度向上

AIが高い精度で検査を実施
検査精度のばらつきを改善
継続的に良品・不良品の判定精度が向上

多品種少量生産に対応

多品種少量生産に対応

AIの専門知識がなくても直感的な操作でAIモデルを作成できるため新たな製品の検査も簡単
製品の種類ごとにライセンスの追加購入は不要※
※同一ライン、同一検査環境の場合

作業負荷・コストの低減

作業負荷・コストの低減

検査の自動化により、検査作業の負荷低減、人件費等のコスト低減を実現

 

導入の流れ

お客様の検査における課題の把握から開始し、実証実験を通して検知率を測定。効果や判定精度を評価したうえで導入、運用へと進めます。

Step.1

アセスメント

検査における課題を把握し、AIの適用範囲を明確化することで、実現性や導入効果を評価

Step.2

PoC(実証実験)

実証環境を構築、データ収集を行いAIの判定結果を元に費用対効果等を報告

Step.3

導入

導入サポートおよびシステムを利用するための教育および技術支援

Step.4

運用

運用時のお問い合わせ・障害対応など、お客様の運用を全面サポート

もっと見る


先頭に戻る